トリキュラーを持った女性アフターピルは私のお守り

アフターピルは、何かしらの事情で避妊に失敗し、望まない妊娠を避ける為に、という目的で作られた薬です。幸せな妊娠は嬉しいものですが、世の中そういうものだけではないのです。もしもの為に、持っておきませんか?

アフターピルとロキソニンの併用が悪いというのは誤解

アフターピルという言葉を聞いたことがある女性は多いのではないでしょうか。アフターピルとは、何らかの事情により避妊に失敗した場合に処方される薬で、受精卵の着床を未然に防ぐための中用量ピルのことを言います。このような事態になる前に、しっかり避妊をするべきですが、女性にとって避妊というのが自分の意志だけでできることではありませんので、このような薬があることで少し安心することができますよね。アフターピルを使用する際にはタイムリミットがありまして、性行後72時間以内に服用することが条件です。この時間外に飲んだ場合は避妊効果はないと言われていますので、望まない妊娠を防ぐ為にはこの時間内にクリニックにて処方してもらいましょう。

アフターピルには副作用が報告されています。強い吐き気や頭痛などの副作用が出るようです。副作用によって嘔吐してしまった場合は、すぐに処方してくれたクリニックに連絡しましょう。その後どうするか対処法を聞くようにし、勝手な判断で服用しないよう注意しましょう。また市販の胃薬などで対処しても問題ありませんので、嘔吐をなるべく防ぐことも大切です。

また、強い頭痛が出る場合もあるので、ロキソニンなどを使用してよいかと迷う人がいますが、問題ないとされています。アフターピルを飲んでいる時に他の薬剤を一緒に飲んではいけないと誤解している人がいるようですが、アフターピルを服用するときに一番困るのが嘔吐することなのです。嘔吐をしてしまうと避妊するのが難しくなるため、適切な処置をしないと100%妊娠を防ぐことができません。副作用が強くて吐き気や頭痛がしている場合は、むしろ症状を緩和してくれる薬を飲んだ方が良いのです。

アフターピル最新記事